goods and life +

雑草?に花が咲いていた

これ、なんていう植物なん?(´・ω・`)

名前知ってる人いませんか~♪
ひょろ長い土筆みたいなものがあると思ってたら花が咲き出しました。

謎の花

たぶん小鳥が持ってきたか、種が飛んできたんでしょうけど、ベランダの室外機の横の苔繁殖用プランターに勝手に自生しちゃってます。

ひょろっと伸びた茎の下には、水仙やニラのようなしっかりつやっとした葉っぱがあります。
きれいな色の小さいお花がくるっと回りながらいっぱい付いててかわいいんですけど、なんだろ?
雑草なのかな?

 

この間の台風でバキバキにぶっ壊れちゃった、老朽化したスダレの横にも勝手に育ってます。

謎の花3

ちょっとアップ。下の花から順番に開いていってます。
いっぱい咲きそう。

謎の花2

何だろこの花?、誰か名前知りませんか~ (´・ω・`)

7/2追記
呼び名はねじり草とかねじり花、国立科学博物館では和名: ネヂバナ モジズリ
花壇地錦抄では「もぢずり」という山野草だってことがわかりました。
ありがとうございました!

その後ねじり花こと「もぢずり」が元気に育ってる様子はこちら

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 12 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 私の地方では にじり草と呼んでいます。
    私にとっては 雑草そのものですが、山野草の好きな義父は 
    この花を見つけたら、わざわざ鉢に植え替えているほどです~~w

    送信ボタンが面白い

  2. ねじり草でした・・m(__)m

  3. ねじり草っていうんだ!ありがとう

    「ねじり草」で画像検索したら写真いっぱいでてきた。
    奇麗な鉢植えもあるし。
    ネジバナともいうんだ、野生のラン科なのか~。
    わー、群生しないかな~

  4. こんばんは!!
    ねじり草っていうんですね。
    どこからともなく草花って飛んできますよねー。
    うちにもなんじゃこれっていう代物が根付いております。
    ピンク色で可愛い花ですね

  5. ね~、いつの間にどこから来たんだろう?
    2Fのベランダなのに。
    小鳥かなやっぱり。
    ラン科だったらタンポポみたいに種に綿毛が付いてて空飛ぶとは思えんし…
    ほんとわけわからん

  6. こんばんは
    初めて見ました、ねじり草っていう名前なんですね
    不思議な植物ですね(笑)

    トマトの料理は、さすがですね、自分が作ったアラビアータは勝負にならない気がします

    あと、バーニャカウダソースを作った後の牛乳は捨ててください
    多分、使い道は無いと思います
    勿体無いと思うなら、にんにくを茹でるのは普通のお湯でするしかないと思います
    結局、火が通って、ピューレ状になれば完成なので、
    お湯でも大丈夫なのかもしれません

  7. wikiによると…

    ・江戸時代に栽培されていて、花壇地錦抄では「もぢずり」として掲載されていた。

    ・紫式部『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの一人といわれる源融(みなもと の とおる)が百人一首で詠んだ「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに」の中の「もぢずり」はネジバナ

    けっこう昔からなじみがある植物だったみたい

    国立科学博物館整理番号: TNS988925
    原著和名: ネヂバナ モジズリ。

  8. バーニャカウダソースを作った後の牛乳は捨てるのか…
    ニオイ消しに牛乳を使うといつももったいねえ…って思っちゃう貧乏性

  9. こんにちは!
    訪問&コメントありがとうです!

    ほう、こんな花があるんですね~
    とっても不思議です~♪

    ポチっとな!

  10. あー!コメント消えてる

    ありゃ確かめなかったんかな
    昨日です 昨日。。。あらら

    何て書いたんやろ
    可愛い花ね
    って、普通のコメントしたような

  11. そうそう、たまにあるある~、せっかく書いたのにー!って
    なぜかコメントが入ってない時があるのがファンブログのちょっとあれなところ。
    「文字が読みづらい場合はこちらをクリックしてください。」ってのを
    あらかじめ、2回ほどクリックしてシャッフルしておくと、なぜかすんなりいくような気がしますね~

  12. そうそう
    一回やって送れない時はこちらをクリックして
    変えてやるよ
    大抵はちゃんと確認してページ移るのにね
    寝てしまったかな笑

この記事にコメントする

Return Top