goods and life +

鶏しそのサルティンボッカ風蒸し焼き

久々の炊飯器チャレンジ・鶏しそのサルティンボッカ風だよ~(*゜▽゜*)♪

大葉がたくさん残っている時、ちょうどガブリエルさんとこで紫蘇を使ったサルティンボッカを見て、おいしそうだったのでちょっとアレンジして鶏しそのサルティンボッカ風蒸し焼きを炊飯器一丁で作ってみました。
材料さえ用意すればとっても簡単につくれます。

材料
鶏ささみ・生ハム・大葉・南高梅・マヨネーズ・エキストラバージンオリーブオイル・塩・バジル

鶏しそサルティンボッカ

作り方
1.鶏ささみにお塩ごく少々、生ハムの塩分があるのでお塩がなくてもいいかもしれないくらい。
今回は胡椒は使いません。
ささみの上から大葉二枚で桜餅のような感じで貼付けるように丁寧に包みます。
その上からエキストラバージンオリーブオイルを適量かけ、大きめの生ハムをつかってぴったり密着させてぐるっと包むように巻いておきます。

2.お米をといでお水に浸しておいたものの上に並べて、お好みで乾燥バジルを少々ふって炊き込みセッティングで炊飯器スタート

 

3.出来上がったらしばらく蒸らしておき、梅マヨネーズをペーストします。

梅マヨネーズ用の梅は、あらかじめ南高梅から種を取って水を入れたボールに入れ、冷蔵庫で半日ほど塩抜きしておきます。
塩抜きのあと弱火にかけながらみりんとお酒少々を足して割り箸やゴムへらですりつぶしていき、ペースト状につぶれたら粗熱をとってマヨネーズ少々と合えます。

といっても、ささみの下味の方で塩加減を調整する場合は即席で南高梅の実をブリュッと出してマヨネーズと合えるだけでもいいかもしれません。

出来上がり

鶏しそサルティンボッカ2

このような見てくれになりますけど、食べてみると中の大葉の香りが強く出て意外なおいしさ、ご飯にも風味がほんのりついています。
お米には餅米少々と豆などを入れておくともっとおいしいとかも。

中の鶏ささみはすごく柔らかくなっているので食べやすく、生ハムと梅マヨネーズの相性も意外にばっちり。
本来のサルティンボッカとはちょっと違ったものになりますけど、お米抜きでつくって、ナイフで一口サイズにカットしておくといい感じのオードブルになると思います。
わりとあっさりしてて残暑疲れの胃にもやさしいかも、でも食べ過ぎに注意。
梅マヨネーズを使わない、御飯と一緒に炊かないで、大葉+とろけるチーズで巻いて生ハムで包んだ普通のオードブルにしてもよさげです。

ちょっと甘めの白ワインとの相性もいいですよ~(*゜▽゜*)♪

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 7 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 美味しそう
    作り方を真剣に読んでたら
    青シソの香りがしてきて
    唾が 出てきたあ

    もち米 面白そうですね
    合うな きっと

  2. 青シソって、こんな条件で加熱されたら香りが多少弱まるのかな~と思ってたけど
    予想に反して香りが強くでてすごいですよ~、不思議~。
    練り梅マヨネーズは、みゆぴよんさんのこの間のあれを見て、してみたくなったんですよ~
    おいしいよ~。

  3. こんばんは
    あの、サルティンボッカが炊飯器で出来るんですね
    しかも、ご飯と一緒に出来るなんて素晴らしいです(笑)

    最後の梅マヨネーズもいい感じになってそうですね

  4. ヘルシーそうやね

    梅マヨネーズって練り梅にマヨネーズ混ぜても
    出来るんかな
    美味しそうなんやけど
    めんどっち~いのはあかん

  5. 梅マヨネーズって書くよりも梅肉マヨネーズって書いた方がおいしそう
    梅マヨネーズって、みゆぴよんが書いてた宴会メニューの「鱧のフライ 梅肉マヨネーズ」というものが気になって作ってしまったんですけど、inali は鱧のフライって食べたこと無いし、梅肉とマヨネーズって組み合わせもやったことが無くて…。
    でも塩抜きしてひと手間かけるだけのことはあって、おいしいのでいろんなものに転用可能かも。
    タコとかペンネなんかにもおいしそう。

  6. やるやないですか~
    見た目は?ですが、
    手も凝ってるみたいだし?
    おいしそうだし、
    ヘルシーと言ってる人もいますが、
    食べ過ぎは注意でしょうね!
    めずらしく
    また、料理したらアップしてください

  7. >見た目は?ですが

    そうそう、そこなんだよね~、炊飯器オンリーでつくったものの欠点。
    見た目のシズル感でないし、ぐちゃっとなって見えがちだし。
    でも、無理して炊飯器でつくることも無いと思うけど、仕込んだらできるまで何もしなくていいのでらくちんだし。
    おいしいよ~

この記事にコメントする

Return Top