goods and life +

絶対に使われないものはこうしてやる。

絶対に使われないものは置いてあっても場所を喰うだけで何の意味もないし、そもそもいらないなら捨てないとスペースも空かないし。

Monolingual は macOS から不要な言語リソースを削除するためのプログラム。
macOS 10.13 (High Sierra) 以上のバージョンの macOS、64ビット対応の Intel Mac 向けです。 Intel Mac 向けです。2回言いました。

…てことでやってみました。


アーキテクチャ
ARM アーキテクチャじゃないのでイラネ
PowerPC アーキテクチャじゃないのでイラネ
intel 32-bit じゃないのでイラネ

って感じで、言語リソースを捨ててみました。

ていうかそんなの入ってるかな?って思ったけど、21.5 MB あったもよう。


ランゲージ
同じように、この Mac では使わない言語もドシャと捨ててみました。

47.4MB あったもよう。

いらないものが 合計 68.9MB 分あったわけです。

といってもフルフレームで 24MP デジタルカメラの RAWデータだと 2.5枚分くらいか。
へのつっぱりにもならんな、う〜む…(´・ω・`)


削除にはなぜかちょい時間を喰いましたが、Monolingual バージョン1.8.2 は macOS Monterey でも使えましたね。
あと完全に捨てちゃう前にワンクッションあって、ファインダ上でリストを見せて再確認して、OK みたいになってるともっといいのかもしれない。
注意点としては、誤って必要なものまで消しちゃうと入れ直す手間が発生しますからね。


まあ App Store で売られていてもわりとクソなアプリもあるし、App Store の外でも、OnyX やら Rember みたいにずっと長い間、Macユーザーに愛用されているようなのものもありますしね。
こういったちょっとしたことを地味に達成できて、それがチリツモになって快適な環境をキープできることにもつながってくるようなユーティリティアプリはありがたいですよね、AppCleaner.app なんかもまたそうですよね。
野良っちゃあ野良かもしれんけど。
https://ingmarstein.github.io/Monolingual/changelog.html

なにかと面倒なこのご時世でも GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
https://github.com/IngmarStein/Monolingual


それと、用途によっては、まずもう絶対使わないし永久に出番もないみたいな不要なフォントもデフォでたくさん仕込んでありそうなんですよね Mac は、ていうか正直使えないフォントだらけやわ。
データ量としてはそっちのほうがよっぽど重そうだけど、Font Book.app から手動で削除か、削除が効かないものは停止かだから、ちょい面倒なんですね。
システムが使うもの以外は、Monolingual からも削除できたらいいのに。

ていうか、Font Book.app 開けたら正直呆れます。
とんだプレタポルテですね。
OS が裏で働く作りや仕組みは今のほうが圧倒的によいに決まってるけど、フォントやら機能拡張やらコントロールパネルがインストール時に必要なものだけの組み合わせにできた OS 8.6 とかのありようが最高だったんじゃないかという気がしてきます。

お買いもの忘れはないですか?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


※スパム対策のため、日本語を含まない投稿は無視されます。

Return Top