goods and life +

雪♪ 寒波が襲来?

伏見稲荷大社に行ってきました(*゜▽゜*)b

4日だし、お昼過ぎたからもう人少ないだろと思って伏見稲荷大社へ。
しかし…、すごい人。
三が日の参拝者は、昨年より2万人も多い278万人なんだって。
お賽銭は機械を使っても数え終わるまで5日程度かかるそうです!

拝殿の前の楼門をくぐったら太陽がでているし、体感そんなに寒くはないのですけど雪がちらっと…。
人が多過ぎて本殿にたどり着くまでの順番待ちにすごい時間がかかりました。
雪を見るのもたまにはいいかもね(*゜▽゜*)b、…って思ってたら本殿にたどり着く頃には止んじゃいました。

そこから先の千本鳥居も今日は左側一方通行になっていて、満員で渋滞してさっぱり進まない、千本鳥居を通り抜けた先にある命婦谷の奥社奉拝所で絵馬をかけたりおもかる石するひとが多かったからかな?
奥社奉拝所を過ぎてお山に入ると、そこからはまあ普通に歩けました。

四ツ辻から街を見下ろすと、今日は雲が下の方まで降りてきているように見えました。

眼力さんにお参りしているあいだにまた雪が降りはじめて、でも雪が降ってる景色もなかな趣があっていいんですよね。
今日は龍の書をお土産にして、四ツ辻まで降りて戻った頃にはもうこんな感じ。

下まで戻ると、講務本庁の社務所のところではお守りやおみくじ、神札などいろいろあり目移りします。

毎年いい感じの干支の絵が描かれた絵馬のついた破魔矢にしようかな~(破魔矢についている干支絵馬の辰の絵がよくて、絵馬の厚みもいい感じ)と迷ったけど、今日は『達成のかぎ』をおさずかり。

達成のかぎ』って何かといえば、狛犬のように対で並ぶ眷属が巻物の書物とか玉とか鍵とか稲とかをくわえているうちの、あのぐるぐるの鍵です、稲をはじめとする多くの宝物をおさめる倉庫の鍵を象ったものです。

実はあのぐるぐるのカタチの鍵は前からけっこう気になってました。
去年の夏頃だったか、あのデザインでネックレスとかも出ていたのでいよいよ気になってたのですね。

神符の言葉は「殊には五つの穀の植つ物、八柄足穂に取生て家の中豊に恵み賜え」です。

帰る途中、観月橋から山のほうを見たらプリンのようなこんな感じ。
ある高さから一気に寒くなってるみたい。

楽しかったです(*゜▽゜*)b

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

Return Top